人生のエンジンがかからないとき


車のエンジンも気になるけど、
やはり一番かかってほしいのは人生のエンジンです。

落ち込むことや悩むことは誰にでもあります。
人に言えない、言いたくないこともそりゃ生きてりゃ経験します。

でも、それらがないと生きる気力とかそういうものがなくなってしまうのも確かなのです。

幸せばっかりではいけません。

それでも、あまりにストレスなどがたまりすぎて、鬱になってしまうこともあると思います。
私も友人がそれになりかけていたので割と身近に感じることができます。

なるべく一人にならずに時間を掛けて人と話していくことが大事だと思います。

あとは逃げること。

逃げることってカンタンそうで簡単じゃありません。
人間ってのは20代を迎えると世間体やらステータスに悩まされます。

他人と比べる必要はちょっとはあるかもしれませんが、
プライベートや自分の時間では一切必要ありません。

みんなそれぞれ生きる道があっていいと思うのです。

でも、物事から逃げることはかまいませんが、
人間から逃げてはいけません。

いろいろな人と話したりすることで、
新たな興味や気力が湧いてくるものです。

なので、
一番だめなのは引きこもること。
家族と話さないこと。

金が無くてもだめな人間でも人と仲良くできるなら、
それはいい人生だと思うのです。

エンジンがかからないときはバッテリー上がりを疑え!


ようやく2月に入り、
去年ってこんなに寒かったけなあーと思う季節になってまいりました。

関東らへんって、
2月から3月あたりがとっても寒いんですよね。

毎年、それが分かってるはずなのに、
「去年はこんなに寒かったっけ??」なんてみんなほざいているわけです。

たしか、2月にはいって大雪が降った年もありましたよね。

なんか、夏の思い出はよく覚えてるんですが、
冬。特に1月2月はあんまり思い出せません。
私がただ寒いのが苦手だからでしょうか??

そんな、私も毎年、年末には実家に帰っております。
我が故郷は東北なので、もう極寒です。雪とか嫌いです。

小さな頃はそれでも、
雪かきを頑張ったり、
近所の友達とスキーにいったり、いろいろしておりました。

それが今では東京に住んで10年…
もう、東北の寒さは忘れてしまい、完全に寒いのがダメな人間になってしまいました。

寒さは車にもきます。
冬になるとバッテリー上がりが多いんです。

寒さにより、
バッテリーを稼働させるのに電力を普段よりも使うため、
エンジンがかからない⇒バッテリー上がりになるわけです。

そこらへんのことも東北に住んでるときはある程度、対策をしていたのに、
こちらに住むとあんまり気にしなくなります。

そして、ある日突然、バッテリー上がりになるというわけです。

みなさんも気を付けてくださいね。